関連情報

関連情報

人工膵臓 STG-55

人工膵臓の定義 (薬機法に定める一般名称)

糖尿病治療のため、自動的にインシュリンを注入して血糖値を調節する機器をいう。

日機装がご提供する人工膵臓とは、生体の機能を模擬したもので、血糖値を測定して、インスリンとグルコースによって血糖を管理する機能を備えた医療機器です。

特長

日機装の人工膵臓 STG-55はベッドサイド型の装置です。
静脈から持続的に微量採血をおこなって、血糖値を連続的にモニタリングします。また、目標血糖値を維持するために、必要量のインスリン・グルコースを注入します。
必要なインスリン・グルコース量は、それぞれの注入アルゴリズムにより、注入率を連続して計算しています。
血糖値の測定は、グルコース酸化酵素(GOD)を用いた酵素法で行います。酵素電極は、GODを固定化した酵素膜と、過酸化水素を検知する電極から構成されています。
人工膵臓STG-22では、13,000症例以上の臨床使用実績があります。*1

*1 人工臓器35巻別冊2006「人工臓器のレジストリー2004」P.67表4

全体フロー図

酵素電極での反応とカテーテル先端での希釈システムについて

酵素電極での反応

ブロック図

血液の希釈システム

カテーテル内でヘパリン加血液にしてチューブを介して酵素電極へ送られます。

人工膵臓の歴史

  日機装の歩み 血糖管理の歩み
1970

1975年
人工膵臓の基礎研究開始

1977年
大阪大学と共同でインスリン注入アルゴリズムの開発に成功

1979年
人工膵臓を用いたグルコースクランプ法が発表された。(DeFronzo RA)

1980

1984年
人工膵臓STG-11A承認

1987年
人工膵臓STG-22承認

1988年
保険収載 1500点

1985年
HOMA法によるインスリン感受性測定が発表された。(Matthews DR)

1989年
代謝異常危険因子における死の四重奏が提唱された。(Kaplan)

1990

1990年
保険点数改訂 3000点

1992年
保険点数改訂 5000点

1991年
インスリン抵抗性症候群が提唱された。(DeFronzo RA)

1994年
クランプOGL法が確立した。

2000

2009年
人工膵臓STG-55承認

2001年
血糖管理における強化インスリン療法の有用性が示された。(G.Van den Berghe)

2010

2016年
保険収載
人工膵臓療法新設 3500点
人工膵臓検査 5000点

2018年
人工膵臓検査施設基準一部緩和

 
pagetop
製品情報を見る